忍者ブログ

Robita”何でも”Note

個人的に好きなものについて勝手にただ感想を書くブログです。なんとなく、自分が生きてたんだなあ~、ということを記録したくて書いております。+植物の観察とか、シムピープルとか、ダラダラ日記。

[PR]

2017 10/24 20:15 (Tue) Category : 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テリー・ギリアム監督/The Imaginarium of Doctor Parnassus

2012 01/27 00:32 (Fri) Category : 映画とかDVDとかドラマとか。

2009年 「Dr.パルナサスの鏡」

なんか久しぶりに映画観た~!ってカンジがしましたです。2時間があっという間に過ぎました。おもしろかったな~。

私は、テリー・ギリアムさんの映画は、遠い昔TVで見た「バロン」と、若かりし頃見た「12モンキーズ」しか知らないのですが、この映画はどことなく「バロン」を思い出す感じでした。(12モンキーズもものすごく面白かった記憶があります。)

大体のあらすじとしては、「昔々、悪魔と契約を結んでしまったドクター・パルナサスと、その悪魔や家族や周りの人々との悲喜こもごも・・現実世界と願望の世界の対比と悲しみ」というような感じでしょうか・・。

ラストは個人的には大好きな、ハッピーエンドです。(気が抜ける方もいるかも?)

 

私は「バロン」のカラフルでキテレツな世界観が幼心にすごく好きでしたので、今でもこの映画の絵面はとてもワクワクするものでした。

好きな例をあげると、主人公の娘の役の人の羽織ってる日本の着物らしき服とか、想像の世界の中の紙芝居的な森の中の場面とか、皆が乗って旅する芝居小屋と住居を兼ねた馬車のデザインとか、すご~くツボです。

そして、出ている俳優さん方「全員」が、皆さまとてもとてもステキで、演技に引きずり込まれて時間を忘れてしまいました。

登場人物がみなそれぞれ魅力的なのです。特に、ヒロイン役のリリー・コールさんのコケティッシュな色っぽさがたまらんです(笑)あと、悪魔役の俳優さんの声がすごくいい声だった。

余談としては、「ヒース・レジャーさんの遺作」ということで話題にのぼったそうですが、そういったことを抜きにしてもファンタジー好きの方なら2時間たっぷりと堪能できると思います。

個人的な感想としては、「やっぱ欲望の世界より自分の現実を楽しくしたほーがいいよね!!」などと、ムツカしく考えずに楽しめたのが良かったです~。

・・テリー・ギリアム監督にはまりそうです。

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
コメントありがとです
[09/29 NONAME]
[04/25 NONAME]
[11/05 ぺぐ]
[02/06 hina]
[10/13 エム]
バーコード
書いてる人
Robita/Shocolate
女性
何かのご縁で来ていただいたなら、楽しんでもらえればウレシイです。シムピープルのオブジェクトは先人のみなさんを見習って、自由に持ち帰っていただいてます。不定期更新です。リンクフリーです。(ブログを始めた日 2010/9月)


Powered by [PR]

忍者ブログ