忍者ブログ

Robita”何でも”Note

個人的に好きなものについて勝手にただ感想を書くブログです。なんとなく、自分が生きてたんだなあ~、ということを記録したくて書いております。+植物の観察とか、シムピープルとか、ダラダラ日記。

[PR]

2017 11/18 11:42 (Sat) Category : 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

岡崎京子/PINK

2010 11/17 22:02 (Wed) Category : マンガ

pink.jpg

初版は1989年みたいです。この方のマンガは若い頃夢中になって読みました。

作品全体からただよう、あの、「自暴自棄な気分と、明日を頑張っちゃおうかな!という気分を行ったり来たりしてるような、情緒が不安な」描写が妙に感じ入ってしまって夢中になったのです。
 
昼間のOLさんの他に風俗関係でバイトする主人公の女の子が、偶然出会った男の子に恋をして今までと違う自分を発見したり、ママハハや義理の妹と、愛憎が入り混じったハゲシイ日々をおくったりするお話しです。(って、何のことやらですね。)
 
でも、主人公はとても可愛く、とても図々しく、ズルくて、でも自分に正直な、魅力的な女の子です。そしてワニを飼っています。お風呂場で。
 
「PINK」は、私の中では「これが、岡崎京子さんだよな~」と、いちばん思ってしまう一冊ですね。(でも一番好きなのは「愛の生活」と「危険な二人」というマンガなのですけど。)
 
私の中の岡崎さんのイメージは、毒々しい・生々しい・切ない・愛情とその裏返しの感情・エロい・コジャレてる・どっか淋しいリアル・・・みたいなかんじなのですが、この中にはその全部がぎゅうぎゅうにつまってるように感じます。
 
物語の最後なんかは「ああ~!どうすりゃいいんだ!泣けばいいのか!?」という複雑なセツナイ気分にさせられてしまいます。大人になって読み返してみてもおんなじ感想でした。
・・セツナを愉しむ?お話なのかなー。幸せってなんだろー?ってますますわからなくなる。それでも、まあいっか!生きてこ~とも思える。
 
青春時代の私の人生に彩りをくれた作品&漫画家さんです。
 
(しかし現在岡崎さんは、なんの因果かその昔事故にあってしまってまだ療養されてるんだとか・・・。回復をお祈りしています・・。)
PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
コメントありがとです
[09/29 NONAME]
[04/25 NONAME]
[11/05 ぺぐ]
[02/06 hina]
[10/13 エム]
バーコード
書いてる人
Robita/Shocolate
女性
何かのご縁で来ていただいたなら、楽しんでもらえればウレシイです。シムピープルのオブジェクトは先人のみなさんを見習って、自由に持ち帰っていただいてます。不定期更新です。リンクフリーです。(ブログを始めた日 2010/9月)


Powered by [PR]

忍者ブログ